外貨預金

  • HOME > 外貨預金

外貨預金

外貨預金は、日本円ではなくドルなどの外国の通貨で預金をすることです。
日本の銀行の場合、ある程度まとまった金額を数年間預けたとしても、金利が低いのでほとんど増えません。

それに比べると、外国は比較的高金利。
外貨預金なら、日本より10倍以上も金利が高い国もあるので、上手に利用すればお金を増やすことができます。

外貨預金をする前には、為替相場について調べてみましょう。
どの国の通貨で預金するかを決めたら、日本円で外貨を購入をします。
通貨によって手数料も変わるので、取引銀行で確認しておくことも必要です。
口座は専用のものが必要になるため、銀行へ身分証明書・印鑑を持参して、口座を開設します。

また、外貨預金の注意点としては、為替レートが自分の予想とは逆に動いてしまうと、元本割れで損をしてしまう可能性があることです。
そのため、為替の動きに注意をしておきましょう。
反対に為替レートが予想通りに動けば、金利だけでなく為替差益という為替レートの変動でもお金を増やすことができます。

外貨預金には、普通預金と定期預金があるので、自分に合った方を選択しましょう。
それと、覚えておきたいのは、外貨預金は預金保険の対象外ということです。
銀行が破綻した場合にお金が返ってこない場合もあるため、信頼性の高い銀行で取引した方が良いでしょう。